教育目標

機械工学コース・知能システム学コースは、次の6つを教育目標としています。

A. 多面的な視点から考える能力の育成

自然との調和,人間と機械との協調についての深い理解と洞察力を培い,人間と社会,そして機械技術を様々な視点から考えかつ実践することができる技術者を育成します.

  1. 人間・社会・自然などについて多面的に学習し,グローバルな視点から物事を考える能力を習得する.
  2. 体験学習を通じて多面的に考える能力を習得する.

B. 技術者倫理の習得と育成

機械技術が社会と自然に及ぼす影響と効果を理解し,人間として正しい判断ができる責任感のある技術者を育成します.

  1. 技術者の持つべき倫理と企業との関係,技術の社会への寄与について考える素養を習得する.
  2. 社会が受容可能な機械システムを構築できる素養を習得する.
  3. 社会と技術の関係などについて調査・考察することで,責任感のある技術者としての能力を養う.

C. 数学・自然科学・情報技術の基礎学力の習得

機械工学の理解とその活用に必要な数学・自然科学・情報技術の基礎と応用について学習します.

  1. 機械工学の理解と活用に必要な数学の基礎学力を習得する.
  2. 物理,化学と自然科学の基礎学力を習得する.
  3. 情報技術の基礎および応用能力を養う.

D. 機械工学の知識の習得と応用能力の育成

機械工学の幅広い知識を習得し,機械技術をはじめとする広範囲な問題に対応できる能力を育成します.

  1. 機械工学の知識を応用するために必要な基礎的・実際的手法を習得する.
  2. 機械工学の基礎知識を習得し,演習による専門知識の深い理解と継続的学習能力を養う.
  3. 機械工学の基礎知識を発展させたより高度な知識の習得と,深い洞察力を養う.
  4. 機械工学の幅広い知識の習得と応用能力を養う.

E. 創造力とデザイン能力の育成

自ら課題を探し,種々の科学・技術・情報を利用し解決することを通して,自ら考え・解決する創造能力を育成します.

  1. 課題に対し計画・遂行し,結果や問題点を把握した後,考察・解決する能力を養う.
  2. 与えられた制約の下で計画的に仕事を進めまとめる能力を養う.
  3. 継続的な学習を自主的に行える能力を養う.

F. コミュニケーション能力の育成

技術者として自分の意見を相手に伝えるために必要な日本語による記述,口頭発表,討論などのコミュニケーション能力ならびに国際社会で必要な英語によるコミュニケーション基礎能力を育成します.

  1. 日本語による口頭発表能力と論理的記述能力を養う.
  2. 外国語によるコミュニケーションの基礎能力を養う.