HOME > 入学をお考えの方へ > 愛大機械工全般について

ここではQ&A方式で愛大機械工全般についての紹介をします

≫キャンパスの立地など  ≫勉強する内容について  ≫入試など  ≫就職について

愛大機械工キャンパスの立地など (以下の情報は2012年1月現在の情報です)

Q1.愛大機械工の立地について教えてください。
  1. A. 愛媛大学工学部は人口約50万人の四国最大の都市・松山市にあります。松山という伝統ある都市の市街地のほぼ中心にキャンパスがあります。松山一の繁華街である大街道から徒歩15分程度のところです。大街道は地方都市の商店街としては珍しく,多くの人でたいへんにぎわっています。松山は松山城を中心に広がっている城下街で,工学部から松山城の天守閣を間近に仰ぎ見ることができます。徒歩で約15分のところには有名な道後温泉もあります。
Q2.愛大機械工の立地の特徴について教えてください。
  1. A.大学によっては工学部キャンパスだけが他学部から独立したキャンパスとなっていることは珍しくありません。その点,愛媛大学工学部が市街地の中心部にあるというのは珍しいことです。
Q3.キャンパスが市街地にある利点は何ですか。
  1. A. 大学が街の中心にあれば若い人たちで街も活性化します。また,学生も都心にキャンパスがあることを望むため,東京や大阪の大都市圏ではキャンパスの都心回帰がずいぶん前から起っています。松山でも町の中心に若い学生達があふれていることで,町は活気づいています。
Q4.機械工学科のあるキャンパスについて教えてください。
  1. A. 愛大では,キャンパスが3カ所に分かれています。城北(じょうほく)キャンパス・樽見(たるみ)キャンパス(農学部)・重信(しげのぶ)キャンパス(医学部)です。工学部は,愛大の中心となるもっとも大きな城北キャンパスにあり,同じキャンパス内には,法文学部や教育学部・理学部もあります。大学によっては工学部が独立したキャンパスにある場合もありますが,その点,愛大では,文化系学部の学生ともクラブ活動などを通して容易に交流することができます。
Q5.機械工学科のある城北キャンパスについて教えてください。
  1. A. 城北キャンパスはその名前の通り,松山城が建っている山の北側にあります。この地区は,松山大学や松山北高校もある文教地区です。城北キャンパスには法文学部や教育学部・理学部もあり,女子学生も多く華やかな雰囲気です。城北キャンパスは,松山最大の繁華街である大街道からも徒歩約15分の位置にあります。
Q6.愛媛県の気候・風土について教えてください。
  1. A. 瀬戸内海に面し,暖かいところで育つ柑橘類の生産量が日本一であることからもわかるように,温暖な気候です。そのせいか,人々もたいへん温厚で,たいへん生活しやすい土地柄だと思います。独り暮らしをするにも安心して生活できます。松山は,以前,日本一住みやすい都市に選ばれたこともあります。
Q7.松山市の治安について教えてください。
  1. A. 松山市は治安の良い都市で,女子学生でも安心して独り暮らしをすることができると思います。
Q8.愛媛以外の地域から進学した場合,帰省が不便ではないでしょうか。
  1. A. 松山は四国最大の都市であり,有名な道後温泉がある一大観光地でもありますので,西日本各地に結ばれているJRや高速バス,さらに飛行機の便が充実しているので帰省の手段に事欠くことはありません。
Q9.松山への交通手段を教えてください。
  1. A. JRでは岡山と高松から直通の特急があり,岡山から約3時間,高松から約2時間半で結んでいます。いずれも便は1時間に1本あります。高知からは多度津で乗り換えて,特急で約4時間です。
     高速バスの路線は以下の通りです。
    岡山(6便,3時間),高松(15便,2時間40分),徳島(7便,3時間),高知(5便,2時間40分),福山・尾道(4便,福山から3時間),神戸(8便,4時間20分),福岡(夜1便,10時間),大阪(昼行7便,夜行2便,5時間20分),京都(2便,5時間40分),名古屋(夜行1便,8時間),東京(夜行1便,12時間)  松山は瀬戸内海に面していますので,フェリーで広島・山口・北九州と結ばれています。
    広島(宇品・呉)-松山観光港(10便,呉から2時間,宇品から2時間40分),ジェット船は13便,宇品から最速で1時間10分,山口(柳井)-三津浜港(13便,2時間30分),北九州(小倉)-松山観光港(夜行1便,7時間)
     陸路をJRで1時間ほど西に行けば,八幡浜から九州の大分ともフェリーで結ばれており,九州からのアクセスもあります。
    別府-八幡浜(6便,2時間50分),臼杵-八幡浜(7便,2時間25分)
     松山から連絡バスで東に約1時間のところにある東予港からは,大阪(南港)-東予港のフェリー(昼夜行各1便)があります。学生割引で安く利用できます。
     飛行機:学生には経済的にやや負担ですが,大阪(伊丹)から毎日11便,東京(羽田)から毎日12便が松山空港に就航しています。福岡便も毎日6便あります。
     高速道路:四国を東西南北に十字に横断するようにして愛媛・高松・徳島・高知を結んでいます。本州と四国は,しまなみ海道・瀬戸大橋・明石海峡大橋で結ばれています。
     一度,皆さんの自宅からどのくらいの時間で愛大まで行けるのか調べてみてはどうでしょうか。
Q10.愛媛県以外から進学した場合,帰省で交通費がかかることが心配です。
  1. A. 昨今はいろいろな割引切符が豊富にありますので,工夫すれば比較的安価に抑えることができます。いくつか例をあげます(いずれも2011年12月現在の片道運賃)。
     JR: JRは割引切符が豊富で,回数券(4回つづり)を買えば岡山-松山間は1回3300円,高松-松山間は1回3200円です。松山-大阪は往復の特別切符で18000円です。
     フェリー:広島(宇品)-松山が3200円,広島(呉)-松山が2400円,山口(柳井)-松山が3000円です。
Q11.松山で独り暮らしをしなくてはなりません。松山の物価はどうでしょうか。
  1. A. 総務省の発表によれば,平成22年度の全国の主要51市の食料品の物価の平均を100とすれば松山市は97で,全国で10番目の安さです。野菜や魚介類など生鮮食品はほぼ地産地消だということが安さの理由だと思います。
Q12.松山では独り暮らしをしなくてはなりません。家賃はどうでしょうか。
  1. A. キャンパスの近くに学生向けの住宅が多くあります。東京や大阪に比べれば家賃は驚くほど安いと思います。
Q13.学生寮はありますか。
  1. A. あります。工学部から徒歩約15分,閑静な住宅街に御幸寮があります。2011年夏に改装され,個室になりました。
Q14.アルバイト先はありますか。
  1. A. 繁華街が近いため,たくさんあるそうです。この点について詳しい情報はありません。
Q15.機械工学科に女子学生はいますか?
  1. A. はい,人数は少ないですがいます。2011年は4年生に2名,3年生に4名,2年生に1名います。女性教員も1名います。
Q16.機械工学科の学生の留年率を教えてください。
  1. A. 取得した単位数による判定に基づいて4年生になれるかどうかの関門があります。平成19年入学生は95名中80名が4年生に進級し,15名が留年しましたので留年率は16%です。
Q17.学生の出身県別の割合を教えてください。
  1. A. このページ http://www.me.ehime-u.ac.jp/data.htmlをご覧下さい。

勉強する内容について

Q21.工学部と理学部の違いを教えてください。
  1. A. 理学部では自然界で生じる現象を解明することが目的ですが,工学部では人類に役立つ物を創造することを最終目標においています。機械工学の定義は,「機械や装置に現れる物理現象・力学現象の解明と,それをもとにした機械への応用」です。つまりサイエンスを基礎として人類に役に立つ機械やそのシステムを生み出そうとする学問分野です。
     高校までは科学(サイエンス)しか学んでいないので,どうしても工学(エンジニアリング)がどういうものか,想像がつかないかも知れません。科学を道具にして機械の力学(物理)現象を解明すること,その結果を用いて新しい機械や装置を開発することが機械工学の最終的な目標です。
Q22.機械工学科は機械について勉強する学科ですか?
  1. A. 機械工学は英語ではMechanical Engineeringといいます。Mechanicalというのは「機械の」と訳すのは間違いではありませんが,むしろ「力学に関する」「メカニズムの」と訳すほうがいいと思います。Mechanicsという名詞は「力学」を意味し,機械工学は「機械や装置に現れる物理現象とくに力学現象を解明し,それを用いて新しい機械や装置を創造する学問」であると定義してもいいでしょう。
Q23.4年生になると研究室に配属されるそうですが,これはどういうシステムですか?
  1. A. これは日本全国のほとんどの理工系学部で採用されていますが,日本独特の教育システムです。欧米の大学にはこの制度はありません。愛媛大学機械工学科では,多くは教授を中心として准教授・助教などの教員2~3名がひとつの研究グループを構成しています。このグループは研究室と呼ばれ,機械工学科には10の研究室があります。4年生になると学生の希望や成績に応じてそれぞれの研究室に配属され,その研究室が研究しているテーマに沿って教員から指導を受けながら1年間,研究を行います。これを卒業研究と呼びます。そこでは,ほぼマンツーマンの指導を受け,課題の見つけ方,問題解決の訓練,専門書の読み方など将来の実務に即したさまざまなトレーニングが行われます。いわば,4年間の総仕上げになる1年間です。
Q24.将来は技術者でも英語が重要だと聞きました。機械工学科での英語の取り組みについて教えてください。
  1. A. 愛大機械工でも英語は重要だという認識から,2年生では「工学実践英語」,3年生では「技術英語」という授業を行なっています。とくに「技術英語」では英語で書かれた技術や科学の課題をテーマにした授業です。4年生では,英語の専門書の輪読会が行われています。
Q25.愛大機械工のカリキュラムについて教えてください。
  1. A. 愛大機械工で学ぶことのできる機械工学のカリキュラムは,伝統的な機械工学の科目に加えて,ロボット工学のような最新の科目を取り入れた構成になっています。伝統的な科目とは,材料力学,機械力学,流体力学,熱力学です。全国どこの工学部にも機械工学科はありますが,大学によっては知能機械やロボットを中心に据えているところもあり,そのような学科では伝統的な科目が手薄になることがあります。愛大機械工では,機械工学の基礎をまんべんなく学ぶことができるカリキュラムとなっています。
Q26.機械工学科で学ぶ科目にはどういう科目がありますか?
  1. A. 伝統的な機械工学科の基礎科目は全国どこの大学でも次の4科目,「材料力学」・「熱力学」・「流体力学」・「機械力学」です。これらを4力学と呼びます。機械工学科の主要科目は力学なのです。これに,機械を制御するための「制御工学」が付け加わります。それらの科目とそれに付随した演習科目がセットになります。さらにそれぞれの主要科目の発展科目が付随します。これら基礎科目それぞれに関連した実験を行う科目「機械工学実験」や旋盤やフライス盤などを使って材料を加工する「機械工学実習」があります。さらに,これらの基礎知識を用いて実際にモノ作りをおこなう実技科目があります。また,図面を書くための技術である製図法やその実習,さらにはコンピューター上で製図と設計を行うCAD実習などがあります。
Q27.愛大機械工で航空宇宙関連の勉強ができないのでしょうか?
  1. A. いいえ,そんなことはありません。他大学には,航空宇宙工学コースがあるところもありますが,愛大機械工で学べる科目と大きく違いません。たとえば,航空宇宙関連のコースがある機械工学科でも,基本科目は機械工学の4力学と呼ばれる科目であり,発展科目として航空宇宙関連の科目がいくつか設定されています。また,製作実習などでグライダーを製作したりしているようです。
Q28.他大学の機械系の学科は,「機械システム工学科」や「機械○○工学科」などがあります。また,機械工学科の中に「航空宇宙コース」や「知能機械コース」などのコースがある大学があります。愛媛大学の機械工学科とはどう違いますか?
  1. A. 学科の名称が異なっても機械工学系であれば内容的には大差ありません。また,コース分けしている学科の場合,基本科目はコースによらず共通で,そのコースに特化した科目(たとえば航空宇宙に関する科目)を発展科目として設定していることが多いようです。愛大機械工では,それらの内容を独立した科目としてではなく,たとえば航空宇宙分野の内容の一部はある科目の中に,取り入れています。
Q29.機械工学を学ぶときに,物理以外に化学や生物,地学などの知識は必要ないのでしょうか?
  1. A. 機械工学科で学ぶ科目はその大半が物理(力学)ですが,昨今の機械工学は化学や生物の知識を必要とすることもあります。たとえば,生体力学(バイオメカニクス)では,人間の骨や骨格を対象としますので,それらの知識が必要になります。生体材料学では,生体を形作っている材料の力学的な性質を研究しますので,生体の知識が必要です。最先端プラスチック材料学では,高分子化学の知識が必要となります。宇宙関連のことを学ぼうと思えば,宇宙船の航行に関して地学の知識が必要です。つまり,世の中の自然現象は,機械工学だとか生物学だとか化学だとか,それぞれの枠内に収まって現象が現れているのではなく,それらの複合現象として現れます。したがって,将来,一流の技術者を目指そうとするならば,物理(力学)さえマスターしておけばあとは不要ということはあり得ないのです。一流であればあるほど,力学を核としつつ,多方面に知識をもっていることが望まれます。高校卒業レベルでもかまいませんから,それを端緒として自分の知識を拡げ,新しい領域を開拓することができます。
Q30.ロボットの研究をしたいのですが,できますか。
  1. A. できます。愛大機械工には,ロボット工学や制御工学の研究者がいますし,「ロボット工学」や「制御工学」の授業もがあります。
Q31.エンジンの勉強をしたいのですが,できますか。
  1. A. エンジン研究のキーのひとつは,ガソリンや軽油などの燃料の燃焼です。愛大機械工には燃焼学の専門家がおり,エンジン好きの学生が日夜,燃焼の研究にいそしんでいます。
Q32.機械工学科に入学して,他の学科の科目も学ぶこともできますか?
  1. A. そのような制度は一般に主専攻・副専攻として制度化されている大学もありますが,愛媛大学工学部では今のところそのような制度はありません。しかし,他学科の一部の科目は機械工学科の単位として認めています。

入試などについて

※以下の情報は2011年4月時点での情報です。特に入試に関する詳細または最新情報はこちらでご確認ください
Q51.推薦入試について教えてください。
  1. A. 推薦入試は大きく分けて二種類あり,まず推薦IとIIに分かれます。推薦Ⅰは大学入試センター試験を課しませんが,推薦Ⅱは大学入試センター試験を課します。また推薦ⅡはAとBがあります。推薦Ⅰ,推薦ⅡA,推薦ⅡBにはそれぞれ異なる出願要件があります。
Q52.物理が苦手です。機械工学科に入学したあと,授業についていけるでしょうか?また、一般入試前期日程の個別学力試験(いわゆる二次試験)には物理が必須で,物理IIまでが範囲に含まれています。しかし,他大学の機械工学科では物理が必須でないところもあります。愛媛大学の機械工学科ではなぜ個別学力試験で物理が必須なのですか?
  1. A. 物理,とくに力学が苦手ですと,機械工学の専門科目を理解するのに苦労することになると思います。なぜなら,機械工学科で学ぶ主要科目は物理(とくに力学)を基礎としているからです。物理的・力学的なものの見方・考え方は,機械工学はもちろんのこと,あらゆる学問分野で必要となります。昨今の最先端の学問では,多くの分野にまたがった(学際的な)知識が必要です。とくに物理はその基本です。高校でしっかりと学んできてください。
     入試科目というのは,大学がどういう学生を望んでいるかの表れです。機械工学科の専門科目は,その大部分が物理(とくに力学)に関する科目ですので,愛大機械工では,高校でしっかりと物理を学んだ皆さんに入学してもらいたいと考えています。このことは,入学後の教育に大きく関わってきます。入学後は,物理Ⅰはもちろんのこと物理IIの内容をよく学んでいればスムースに専門教育に入ることができます。個別学力試験で物理を課さない大学では,入学してから物理に関する補充授業があるのではないでしょうか。なお,中四国の国立大学の機械工学科で,個別学力試験で物理が必須科目になっている大学は,愛媛大学以外では広島大学と岡山大学です。
Q53.数学があまり得意ではありません。
  1. A. 数学は理系学部の基礎ですので,機械工学科でもたいへん大切な科目です。高校でしっかり数学を学んでおいて下さい。
Q54.国立大学の特徴を教えてください。
  1. A. 国立大学では教員一人当たりの学生数が比較的少ない点が大いに有利です。愛媛大学工学部機械工学科では教員一人当たりの学生数は3.6名です。学生数が多いと,どうしても多人数授業が増えます。また4年生になると,特定の教員について1年間研究指導を受けますが,愛大機械工では教員ひとりあたり3~4名の学生を担当します。また,研究に必要な装置がたいへん充実している点も国立大学の強みです。
Q55.入学後,他の学科に移ることはできますか?
  1. A. はい。転学科の制度がありますが,いろいろと制約がありますので,できるだけ入学時に明確に決めておくのがいいでしょう。
Q56.愛大機械工を卒業して,他大学の大学院に進学することは可能ですか?
  1. A. 可能です。学部と大学院は別組織ですので,大学院に進学する場合,入学試験が課されます。その試験に合格しさえすれば,どこの大学の大学院にも入学が可能です。しかしどこの大学の学生もそうですが,なじみのある出身大学の大学院に進学する学生が多いようです。
Q57.大学院へ進学したいと考えています。どのくらいの人数の学生が大学院へ進学しますか?
  1. A. 大学院の機械工学コースの定員は約30名です。学部の定員が90名ですので,3~4割に相当します。また,他大学からの進学者もいます。
Q58.大学院へ入学する方法を教えてください。
  1. A. 推薦入試と一般入試があります。推薦入試は例年7月に,一般入試は8月に行われます。推薦入試と一般入試の後に定員に欠員が生じた場合,翌年の2月に一般入試の2次募集が行われることもあります。
Q59.他大学から愛媛大学の大学院に志願することはできますか?
  1. A. できます。毎年応募があり,合格もしています。ただ,大学院での研究は専門性が高くなり,たとえばロボット工学の研究室といっても,他大学と愛媛大学とでは指導教員によって研究テーマが異なります。愛大機械工で行われている研究のテーマが自分の希望するテーマに沿ったものであるかどうか,ウェブページで確認したり,指導を希望する教員にあらかじめ問い合わせたりしたうえで納得して応募することをお勧めします。

就職について

Q101.大学生の就職率が低くなっていることがマスコミでよく取り上げられます。愛大機械はどうでしょうか。
  1. A. マスコミは大学生の就職率が低いことを頻繁に取り上げますが,一方で良い就職率の学部や学科があることはあまり取り上げていないように思います。日本全国には約750校の大学がありますが,文部科学省が発表する就職率はそれらの中から国公立・私立の大学からバランスよくサンプリングして平均した数値です。工学部,特に機械工学科は一般に就職率は良く,愛大機械の場合も毎年ほぼ100%です。
Q102.機械工学科の学生の就職活動について教えてください。
  1. A. 全国の大学の工学部はどこでもそうですが,就職活動の仕方が他学部とは大きく異なります。文科系の学部では,ひとりで何十社も会社訪問をして選考試験を受ける過酷とも言えるシステムがマスコミでもしばしば取り上げられ,それがすべての大学生に当てはまるような錯覚を与えています。しかしよく考えてみると,医学部や看護学部の学生は上記のような就職活動をしていないであろうことは容易に想像できるように,工学部でも上記のような就職活動を行う学生は多くありません。工学部には伝統的に推薦制度があり,大多数の学生がこの推薦制度を利用して学科から推薦を受けて企業に応募します。
Q103.機械工学科(学部)・機械工学コース(大学院)の就職率はどのくらいですか。
  1. A. 正規採用だけを対象とするとほぼ100%です。これは,就職を希望して活動した学生に対する割合です。大学院も含めて毎年約90名の学生が就職を希望しますが,そのうちやはり2~3名は就職活動がうまくいかない学生がいますので,就職率が完全に100%というわけにはいきませんが,ほぼ100%です。
Q104.企業からみた愛媛大学の機械工学科の評価はどうでしょうか。
  1. A. 愛大機械を卒業することは,機械工学の基礎教育をしっかりと受け,技術者として活躍できる基本的な能力を十分に有していると評価されています。その結果が,大手企業を含む多数の企業から求人を得ていることに表れています。また愛大機械の学生は,5教科7科目のセンター試験と数学と物理の個別学力試験(いわゆる2次試験)を通過しているという事実も,その評価を後押ししています。
Q105.機械工学科では就職活動について何か特別な指導がありますか?
  1. A. 機械工学科では就職担当教授が学生ひとりひとりと面談を行い,学生の希望に沿ってきめ細かい就職指導を行っています。この点は学生数が比較的少ない国立大学だからこそ可能と言えるでしょう。また,民間の就活専門業者に依頼して就職活動の心構えなどについて講演してもらったりしています。
Q106.工学部は理学部よりも一般的に就職率が高いようですが,それはなぜですか?
  1. A. 日本は技術立国と言われるくらいですから日本国内には,工学部を卒業した技術者や研究者が就職できる,世界的に優秀な企業(製造業)がたくさんあります。従って,工学部の方が理学部よりも就職先の数が多いということが根本理由にあると思います。また,理学部の卒業生には中学校や高等学校の教員を希望する学生が多くいます。しかし,最近は少子化の影響もあって教員の採用数が少ないため,卒業後すぐに正規採用の教員になれる卒業生はそう多くないのが実情です。工学部は理学部ほど教員志望の学生が多くありません。
Q107.女子の就職について教えてください。
  1. A. 男女雇用機会均等法が1986年(昭和61年)に施行されてから,年月をかけて女性の職場環境が徐々に改善されてきました。昨今,その長年の成果が花開き,多くの企業(特に大企業)で積極的にあえて女子学生を採用したいという機運が生まれています。機械工学科に在籍する女子学生はまだまだ少数ですが,女子学生は一般的にまじめにコツコツ勉強しますので,その点も男子学生と比較して有利だと思います。