HOME > 教育プログラム > 教育目標

 

教育プログラム > 教育目標 > 大学院 理工学研究科 生産環境工学専攻 機械工学コースの目標

教育目標 機械工学科

 機械工学は,幅広い知識・技術を総合し「ものづくり」を支える工学として発展し,産業の基盤となってきました.現在では,自然との調和,人間と機械の協調,資源・エネルギーの有効利用などの新たな視点を踏まえて,人類の福祉や生活の利便性にとって有益な「もの」を創造し、操作・保全する技術者・研究者が求められています.
機械工学科の機械工学プログラムの学習・教育目標は、以下のとおりとなります.

(A)多面的な視点から考える能力の育成

自然との調和,人間と機械との協調についての深い理解と洞察力を培い,人間と社会,そして機械技術を様々な視点から考えかつ実践することができる技術者を育成します.

(1) 人間・社会・自然などについて多面的に学習し,グローバルな視点から物事を考える能力を習得する.

対応教科:主題探究型科目,社会人力入門

(2) 体験学習を通じて多面的に考える能力を習得する.

対応教科:「工学基礎実験」,「インターンシップ」,「卒業論文」

(B)技術者倫理の習得と育成

機械技術が社会と自然に及ぼす影響と効果を理解し,人間として正しい判断ができる責任感のある技術者を育成します.

(1) 技術者の持つべき倫理と企業との関係,技術の社会への寄与について考える素養を習得する.

対応教科:専門教育科目の「企業倫理」,「知的所有権」,「インターンシップ」,「産業経済論」,「技術マネジメント」

(2) 社会が受容可能な機械システムを構築できる素養を習得する.

対応教科:学問分野別科目,「産業経済論」

(3) 社会と技術の関係などについて調査・考察することで,責任感のある技術者としての能力を養う.

卒業研究の中でおこなう調査および考察活動

(C)数学・自然科学・情報技術の基礎学力の習得

機械工学の理解とその活用に必要な数学・自然科学・情報技術の基礎と応用について学習します.

(1) 機械工学の理解と活用に必要な数学の基礎学力を習得する.

対応教科:「新入生セミナーA&B」,「微積分I,II」,「線形代数I,II」,「応用数学I,II」

(2) 物理,化学と自然科学の基礎学力を習得する.

対応教科:物理,化学については「新入生セミナーA&B」「基礎電磁気学」,「力学I,II」,「材料科学序論」,「電気電子工学概論」,「化学の世界」
自然科学については,主題探究型科目または学問分野別科目,および「工学基礎実験」

(3) 情報技術の基礎および応用能力を養う.

対応教科:基礎能力については「情報リテラシー入門」,「CAD実習」
応用能力については「数値計算法」,「プログラミング言語」

(D)機械工学の知識の習得と応用能力の育成

機械工学の幅広い知識を習得し,機械技術をはじめとする広範囲な問題に対応できる能力を育成します.

(1) 機械工学の知識を応用するために必要な基礎的・実際的手法を習得する.

対応教科:専門教育科目・実技系科目における「機械製図法」,「製図基礎実習」,「CAD実習」,「機械製作実習」,「機械設計法」,「機械設計演習」,「機械工学実験」

(2) 機械工学の基礎知識を習得すし,演習による専門知識の深い理解と継続的学習能力を養う.

対応教科:専門教育科目の「材料力学I」,「熱力学I」,「機械力学I」,「流体力学I」,「制御基礎理論」,「伝熱工学」と各「演習科目」,「機械製作学」,「機械材料学I」

(3) 機械工学の基礎知識を発展させたより高度な知識の習得と,深い洞察力を養う.

対応教科:専門教育科目・発展科目の「機構学」,「材料力学II」,「熱力学II」,「機械力学II」,「機械材料学II」,「流体力学II」,「制御工学」

(4) 機械工学の幅広い知識の習得と応用能力を養う.

対応教科:専門教育科目・発展科目の「精密工学」,「機械電子制御」,「材料強度設計学」,「応力解析学」,「材料創成工学」,「流体工学」,「熱機関工学」,「設計工学」,「ロボット工学」,「生産システム工学」,「エネルギーシステム工学」,「船舶工学入門」

(E)創造力とデザイン能力の育成

自ら課題を探し,種々の科学・技術・情報を利用し解決することを通して,自ら考え・解決する創造能力を育成します.

(1) 課題に対し計画・遂行し,結果や問題点を把握した後,考察・解決する能力を養う.

対応教科:「機械工学実験」,「機械製作実習」,「創造設計製作」,「卒業論文」

(2) 与えられた制約の下で計画的に仕事を進めまとめる能力を養う.

対応教科:「卒業論文」,「設計製図」,「創造設計製作」

(3) 継続的な学習を自主的に行える能力を養う.

対応教科:専門教育科目の「演習科目」と,「設計製図」,「創造設計製作」の調査・探求活動

(F)コミュニケーション能力の育成

技術者として自分の意見を相手に伝えるために必要な日本語による記述,口頭発表,討論などのコミュニケーション能力ならびに国際社会で必要な英語によるコミュニケーション基礎能力を育成します.

(1) 日本語による口頭発表能力と論理的記述能力を養う.

対応教科:口頭発表能力について「工学基礎実験」,「創造設計製作」,「インターンシップ」,「卒業論文」
論理的記述能力について「日本語リテラシー入門」,「機械工学実験」「卒業論文」

(2) 外国語によるコミュニケーションの基礎能力を養う.

対応教科:「コミュニケーション英語A,B」,「総合英語A,B」,「初修外国語」,「工学実践英語」,「技術英語」および自己学習システムを利用した自己・継続的学習

 

教育プログラム > 教育目標 > 機械工学科の目標

教育目標 理工学研究科 生産環境工学専攻 機械工学コース

 生産環境工学専攻機械工学コースでは,高度な機械工学の専門知識や先端的な研究能力を持つ機械技術者・研究者を育成することによって,社会の発展および自然との調和に貢献することを理念としています.本コースでは工学機械工学科のカリキュラムとの連続性を留意しつつ,工学および新技術の発展に寄与できる技術者・研究者の育成を目指して,下記の(A)~(D)の学習・教育目標を掲げています.

(A)機械工学に関する高度な専門知識を習得し,それらを「ものづくり」に応用し発展させる能力を養います.

(1) 機械や材料の強度評価法および加工法に関する専門知識を習得し,それらを強度設計や生産加工の諸問題に応用するための能力を養います.

対応教科:「連続体力学」,「材料強度学」,「先端材料学」,「先端加工学」

(2) エネルギーや物質の移動・流動に関する専門知識を習得し,それらを熱・流体・エネルギーが関与する諸問題に応用するための能力を養います.

対応教科:「統計熱力学」,「粘性流体力学」,「対流熱伝達」,「燃焼工学」

(3) 機械システムの運動と制御に関する専門知識を習得し,それらを機械の動的設計や制御に関する諸問題に応用するための能力を養います.

対応教科:「機械振動学」,「現代制御理論」,「システム動力学」

(4)機械工学に関する先端分野の知識や研究成果,および動向について学び,現在の機械技術者,研究者が取り組むべき課題を認識します.

対応教科:「機械工学特別講義I」,「機械工学特別講義II」

 

(B)高度な基礎科学を学び,機械工学に関する高度な専門知識を理解するための能力,および新しい工学・技術を開拓するための潜在能力を養います.

対応教科:「応用数学特論I」,「応用数学特論II」

 

(C)機械工学に関する様々な分野の発展を総合的に把握するとともに,科学技術的な表現力やコミュニケーション能力を養います.

対応教科:「技術英語プレゼンテーション」,「Introduction to Mechanical Engineering」,「機械工学講究I」,「機械工学講究II」

 

(D)機械工学,機械技術に関する先駆的な研究に取り組み,研究成果を社会に還元するとともに,問題解決能力,指導力,創造性,研究能力を養います.

対応教科:「機械工学講究I」,「機械工学講究II」,「学位論文」