HOME > 教育プログラム > ディプロマ・ポリシー

機械工学科のディプロマ・ポリシー

1. 自然との調和,人間と機械および社会との協調について,多面的な視点から考えて実践することができる。
2. 機械技術が社会と自然に及ぼす影響と効果を理解し,倫理観と責任感のある技術者として正しい判断ができる。
3. 機械工学の理解とその活用に必要な数学・自然科学・情報技術の基礎と応用に関する知識と能力を修得している。
4. 機械工学に関する知識を利用して,機械技術をはじめとする幅広い問題に対処できる。
5. 自ら課題を設定し,それを計画的に実行・解決するための創造力と継続的な学習能力をもつ。
6. 技術者として必要な日本語によるコミュニケーション能力ならびに国際社会で必要な英語によるコミュニケーション基礎能力をもつ。

生産環境工学専攻 機械工学コースのディプロマ・ポリシー

1. 専門家としての自立
  機械工学分野における専門的かつ体系的な知識と技能を有する高度技術者,研究者として自立的に発展することができる。
2. 実践力
  高度な基礎科学,専門知識およびコミュニケーション能力を活用することによって機械技術をはじめとした幅広い課題に対処することができる。
3. 科学の普及
  多面的な視点から人間と機械および社会との協調について考えて,研究成果を社会に還元することにより科学技術の普及を助けることができる。
4.自己評価能力
  自らの 成果である機械技術について,社会と自然に及ぼす効果を理解しながら,倫理観のある技術者・研究者として評価することができる。