HOME > 教育・研究体制 > 研究室紹介

研究室紹介

 愛媛大学の機械工学科には次のように様々な分野の研究室があります。

機械力学研究室

機械・構造物の力学的挙動に関して幅広く研究しています。そして得られた結果をスポーツ用品・医療用品の開発や生産装置の設計に応用しています。


≫もう少し詳しく         ≫研究室HP

制御工学研究室

人間の認識特性,制御特性を解析し,種々のデザインに反映させるための方策について検討しています.また,福祉工学に役立てるためのマンマシンインタフェースについて研究しています。


≫もう少し詳しく         ≫研究室HP

ロボット工学・知能システム研究室

人間型ロボット,ロボットアーム,移動車ロボット,人工筋肉,知的センシング,人工知能,マルチボディ・ダイナミクス,振動・制御に関する研究を行っています。


≫もう少し詳しく         ≫研究室HP

熱工学研究室

エネルギーおよび環境問題を考え,水素エネルギーの高度有効利用燃焼機器および水素社会に潜在化する災害防止技術の開発に関する研究を行っています。


≫もう少し詳しく         ≫研究室HP

流体工学研究室

液体,気体そしてソフトマターと呼ばれるスライムのような流体の流れ現象について,「なぜ(原理)」と「どのようにして(応用)」を追求しています。


≫もう少し詳しく         ≫研究室HP

熱および物質移動学研究室

「人類が抱えるエネルギー問題をすべて解決する」が研究室の究極の目標です。また,新しいプラズマプロセスも研究しています。


≫もう少し詳しく         ≫研究室HP

機械数理研究室

機械工学に関連して現れる現象に対して現代数学の理論とコンピュータを用いた研究を行っています。


≫もう少し詳しく         ≫研究室HP

材料力学研究室

金属,セラミックス,ポリマーおよびその複合材料の強度や変形に関して実験とコンピューターシミュレーションを用いて研究しています。


≫もう少し詳しく         ≫研究室HP

特殊加工学研究室

工学の根幹である,ものづくりの方法(加工法)を研究しています。加工とは,物質にエネルギーを与え,違う形態の物質に変換することです。


≫もう少し詳しく         ≫研究室HP

機器材料学研究室

先端材料のナノからマクロに亘る材料物性を科学的視点から評価したり,機器・構造材料の開発ならびに強度特性,安全・信頼性などを工学的視点から評価する研究を行っています。

≫もう少し詳しく         ≫研究室HP