HOME > 教育プログラム > アドミッションポリシー

アドミッション・ポリシー

機械工学科のアドミッション・ポリシー

 機械工学は,幅広い知識・技術を総合化し「ものづくり」を支える工学として発展し,産業の基盤となってきました。現在では,自然との調和,人間と機械の協調,資源・エネルギーの有効利用などが重要な課題となっており,このような新たな視点を踏まえて,人類の福祉や生活の利便性等にとって有益な「もの」を創造し,操作・保全することのできる技術者・研究者が求められています。

 そこで機械工学科では,数学や自然科学,力学や設計などの機械工学の基本的知識だけでなく,広い視野からの総合判断力や応用力,さらには自主的学習力,論理的思考力,記述・発表力などを養成することを教育目標に掲げ,工学的素養と同時に豊かな人間性,社会性をもった人材を育成して社会の要請に応えていくことを目指しています。そのため, 各入学試験において次のような資質・素養をもった人を求めています。

1. 機械工学を学ぶために必要な理系基礎学力(とくに数学,物理)をもっている。
2. 創造的な「ものづくり」に強い興味と情熱をもっている。
3. 目標に向かって粘り強く頑張れる向上心と素直さをもっている。
4. 人間・社会・自然と技術の係わりに日頃から関心をもっている。

生産環境工学専攻 機械工学コースのアドミッション・ポリシー

 生産環境工学専攻機械工学コースは,機械の設計・生産システム,エネルギーの変換と有効利用および機械システムの運動・制御の高度な専門知識や先端的な研究能力を持つ機械技術者・研究者を育成することによって,社会の発展および自然との調和に貢献することを理念としています。

 そのため,各入学試験において次のような資質・素養をもった人を求めています。

1. 機械工学及びそれに準ずる専門基礎知識をもっている。
2. 未知の課題や困難な問題に対して積極的に取り組む意欲をもっている。
3. 技術者・研究者としての教養を高め,人類の幸福や社会に貢献しようとする意欲をもっている。
4. 科学技術的な表現力やコミュニケーション能力を高める意欲をもっている。